必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

脂肪をうまく使うと、持久力が増す

      2015/12/12

ちなみに、脂肪からエネルギーを得ようとした場合は、すべて好気的代謝で反応がすすみます。「持久力をアップするには、効率よく脂肪を燃焼させよ」といわれる由縁は、グリコーケンを分解して得られるATPの数と、脂肪を分解してできるATPの数とを比べると、脂肪の場合のほうが数倍の数のATPができるため。
 脂肪はとても効率のよいエネルギー源といえるのです。

 もし、脂肪が上手にエネルギー源として利用されなかったら、筋肉はエネルギー源としてもっぱら筋のグリコーゲンと血糖だけを頼りとします。しかしながら、そこから得られるエネルギーの量は脂肪ほどではありません酸素をふんだんに使い、筋グリコーケンや血糖をどんどん燃やしていかなければ、エネルギーが追いつかない状況になります。その結果、酸素が間に合わなくなり、乳酸の蓄積、筋グリコーゲン量の枯渇、血糖の低下といった、筋疲労の形成。そしてもっぱら脳だけがエネルギー源といった脳にとっては、糖の不足はもはや筋疲労などと流暢なことはいっていられなくなり、大きな危機へと発展していく可能性をはらんでいるのです。そういうわけで、カロリーの高い脂肪を上手に使い、糖の消費を抑えることはとても重要なのです。

 筋肉が疲労せずに、長時間にわたって活動を続けられる(「持久力」を高める)ためには、どのようなことが必要なのかというと、
・グリコーゲンが.筋肉にたっぷり蓄穣されていること
・脂肪が、効率よく利用されること
・酸素が、筋肉内に充分に供給されること
などがあげられます。

 - 細胞力