必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

γ-リノレン酸を含む第4のオイル

      2016/02/25

 γ-リノレン酸が、からだに及ぼすさまざまな吉報は、今までにわたりご紹介してきました。
 では、そのγ-リノレン酸を、より良質な状態で、たくさん含んでいるオイルとは、どのようなオイルなのでしょうか。からだに取り入れることで、細胞が元気になり、健やかな毎日の生活も手に入れることができるという、まさしく“健康のカギを握った”オイルとは…

 ふだん私たちが目にするオイルは、動物油、魚油そして植物油があげられます。
 豚や牛に含まれるのはもちろん動物のオイル。耳慣れないところでは、エスキモー人が食べているアザラシ油も動物のオイルです。
 またEPA(エイコサベンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といったものは、イワシなど赤身の魚から主に得られるオイル。
 そして私たちが最もなじみ深い、サラダオイルやドレッシングなどに含まれる紅花油や大豆油、菜種油といったものは、代表的な植物油ということになります。

 そこへ、ついに第4のオイルが出現。
 単細胞である“微生物”からつくられたオイル=シシグルセルオイルの登場です。

 微生物からつくられるというとイメージがわきにくいかも知れませんが、みなさんのまわりで食べられている酒や味噌や納豆を想像していただければおわかりいただけるはずです。いずれも微生物を利用してつくられている食べ物。
 このように実際にはいろいろなところで、私たちは微生物の恩恵を受けているのです。

 食品をはじめとするさまざまな分野への利用が脚光を滞ぴている中、γ-リノレン酸が理想的な形で含まれているシングルセルオイルが「ムコール油」「モルテイエラ油」なのです。
 

 - 細胞力