必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

γ-リノレン酸(ムコール抽出)投与前後の維持血液透析患者における皮膚水分量の変化

   

水戸済生会総合病院 皮膚科,筑波学園病院 腎臓内科
飯島茂子 菊池博

【背景】
 我々は昨年の本学会において,透析患者にn-6系の多価不飽和脂肪酸の1つであるγ-リノレン酸(ムコール抽出,GLA)を投与すると,頑固な痒みが改善し,ヒスタミン遊離能も低下することを報告した.

【目的】
 GLAによるもう1つの痒み低下気候として,乾燥皮膚の改善効果について検討する.

【方法】
 痒みの強い維持透析患者13名を対象とし,GLA300mgを14ヵ月投与し,痒みの推移を検討した.

そのうち4名について皮膚水分量の測定,皮膚表面の状態の観察を行った.

【結果】
 内服前の痒みを10とすると,痒みのスコアは1ヵ月後78.2ヵ月後6.5.14カ月後5.5に低下した.皮I間水分量は,内服前の12月と比鮫して.1年後ではp<0.01,内服2ヶ月後の2月とその1年後,すなわち,14ケ月後ではp<0.05で有葱に水分難が増加した. 内服後の皮膚表面は,皮野所が細かく,落屑も減少していることが観察された.

【総括】
 表皮角質層の細胞間脂質は水分透過バリアとして重要な役割を果たしている.投与したGLAは表皮細胞に取り込まれて細
胞間脂質及びバリア機能を修復し,その結果,皮噛水分壁,表皮角質の状態さらに痒みも改善したものと考えた.

 - 学会