必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

あなたの望む潤いはなんですか?

      2015/12/13

 「私は別にかゆみを感じないから、表皮の状態のことまで気にとめる必要がないわ」と思っているあなた、皮膚の外には紫外線をはじめ、危険がいっぱいだということを覚えておいてください。お粗末な表皮だと、最終的にはあなた自身がダメージを受け、いろいろな危険にさらされてしまうことになるのですから。
 そこで皮膚のダメージについて、その一部分をほんの少し説明しておきましょう。

 皮膚の「カサつき」や「しみ」、「黒ずみ」は「表皮のダメージ」。「たるみ」や「しわ」は太陽紫外線を表皮でくいとめられなかった結果による「真皮のダメージ」。それから「皮膚ガン」も、皮膚のダメージの最たるものです。
 ダメージを受けた場合、カサつきには保湿剤を塗り、しみや黒ずみにはその原因となるメラニン色素をつくらないようにする美白剤(コウジ酸、エラグ酸、アルプチン)を使い、しわやたるみには真皮のハリにかかわっているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補う…など、今までならせっせと手をかけたかもしれません。
 しかし、いずれにしても一時しのぎの補修工事。表皮ではケラチノサイトがせっせと細胞間の保湿成分を生み出し、一方ではメラノサイトがメラニン色素をつくる準備をし、いざという時に備えて待機しているのです。また真皮では線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み、真皮の環境を整えているのです…。そんな彼ら細胞たちの主張を知らずして、補修工事をはじめていいのでしょうか。

 - 細胞力