必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

美肌と関係のあるビタミンとは?

      2016/03/10

しわやたるみ、しみ、そばかすの原因は?

 しわやたるみの原因は線維の状態にあります。真皮にあるこう原線維や弾力線維が、日差しや乾燥など外からの刺激により、集団で切れたり、よれたりすると線維の構造そのものに変化が起こってしまうので、しわやたるみとなって肌に表われてしまうのです。
 また、しみやそばかすなどは、表皮にあるメラノサイトから分泌されたメラニン色素が部分的に集まり、沈着したものです。肌の表面をいくら白く塗って隠そうとしても、沈着してしまった色素を消すことはできませんよね。

紫外線と皮膚

 皮膚には、強い日差しからからだを守るという役目があります。とくに、太陽の光は私たちが生きていく上で、欠かせないものです。しかし、からだに害のある紫外線も含んでいます。この光線からからだを守ろうとして起きるのが、日焼けです。太陽光線にはさまざまな波長のものがありますが、最近問題視されているのは、紫外線の中でもUV-Bという波長。この紫外線は細胞の核を傷つけ、ガン化を促すといわれるようになりました。以前では、その大部分がオゾン層によって吸収されていましたが、オゾン層の破壊が問題となっている昨今では、皮膚ガンの増加も心配されています。

肌の色を左右するのは?

 肌の色や髪の毛の色、目の色などのちがいは、メラニンの量によって決まってきます。メラノサイトの数はどんな人種も一定ですが、そこから出されるメラニン色素が多いのが黒人、少ないのが白人とされています。
 たとえば、白人がバカンスで赤道を越え、南アフリカに行ったとします。この白人は日焼けして、黒人と同じような肌の色になるのでしょうか?いいえ、答えはNOです。メラニン色素がもともと少ない人種なので、強い日差しにさらされた肌は、黒人のように黒く
なるよりもしわがどんどん増えるばかりなのです。

美肌と関係のあるビタミンとは?

 皮膚細胞の状態を整えるためにも、バランスのとれた栄養をからだに補給したいもの。美しい肌づくりに関係があるビタミンをみてみると、ビタミンA、B2、B6、Cなどがあげられます。
 ビタミンAは、皮膚細胞の新陳代謝を促し、皮膚の抵抗力を強めて、細菌による感染を防いでくれます。
 ビタミンB2は肌あれ防止に、ビタミンB6はフケやかゆみを防いでくれます。
 ビタミンCは、メラニン還元作用があるので、しみやそばかすに有効です。

 - 細胞力