必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

EPAで痩せやすいからだになる!?

      2016/02/19

最近は、サプリメントなどでもその名前を良く見かけるようになったEPA。
EPAはエイコサエンタペン酸という脂肪酸のことです。
脂肪酸は肉や乳製品などに含まれる「飽和脂肪酸」とイワシやサバなどの青魚に含まれる「不飽和脂肪酸」があります
EPAは不飽和脂肪酸に含まれており、血液をサラサラにする働きがあるため、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪をコントロールしてくれています。

【敵を知る=脂肪を知る?】

ダイエット中の人にとっては、「脂肪」と聞いただけでも一瞬不愉快な思いがよぎるかも知れませんが、その「脂肪」について知っておくことも必要です。
敵を倒すためには、まず「敵を知ること」からスタートさせましょう。

脂肪細胞には、「脂肪を溜め込む白色細胞」「脂肪を燃やしてくれる褐色細胞」があります
脂肪を燃焼させるには褐色細胞を増やすことが望ましいものの、褐色細胞はその数自体を増やすことが困難とされ、しかも加齢とともに減少してしまいます。

ところが最近になって、特定の条件の下であれば白色細胞も脂肪を燃やしてくれるベージュ細胞に変化することを発見。魚油を摂取すると白色細胞がベージュ細胞になることが分かったのです。
魚油にはEPAやDHAが多く含まれているので、これらの物質にはダイエット効果があることがはっきりした訳ですよね。ベージュ細胞も加齢により減少することは免れないものの、褐色細胞に比べれば増やしやすいそうです。
中年以降に体重が増えやすく生活習慣病になるのは、この褐色細胞とベージュ細胞の加齢による減少が原因。
今後はベージュ細胞を増やしていくことにも注目が集まりそうです。

【EPAが悪循環を断ち切る!?】

現代人の健康問題で必ずといっていいほど取り上げられるのが生活習慣病。
肥満が原因になっていることも多く、実際に医師からダイエットを勧められる人もいます。

脂質異常症(高脂血症)~血液中の中性脂肪やコレステロールが通常より高い状態
   ↓
血液がドロドロ
   ↓
動脈硬化
   ↓
心筋梗塞、脳梗塞

この悪循環を断ち切ってくれるのが血液をサラサラにしてくれるEPA。
いわし、あじ、まぐろ、さば、あんこうの肝などに多く含まれています。
段々と食卓に乗る機会が少なくなってきた魚ですが、生活習慣病を防ぐには必要不可欠とも言える和食。
脂質が少なく栄養バランスも良いことが認められ、近年は海外でも「体に良い食事」として人気が高くなっています。
無理なダイエットは心身の負担に繋がり長続きしません。
健康的に痩せるなら、血液サラサラの食事を目指しましょう。

【EPAが痩せることをお手伝い】

EPAを摂取する
   ↓
GLP-1の分泌を促進(GLP-1は別名「痩せるホルモン」とも言われている)
   ↓
消化の速度がゆっくりになる 少ない量でも満腹感が得られる
   ↓
血糖値を安定させ、体脂肪の増加を抑える

痩せやすい体になるには、EPAが欠かせないことが良く分かりますよね。
ダイエットで一番辛いのは「空腹感」。
この空腹感に負けて、ついつい食べて後悔しちゃうパターンを繰り返してしまいがちです。
しかしEPAを摂取することで、痩せるホルモンが分泌され、消化もゆっくり少量でも満腹感が得られるというのは、空腹感を感じる時間を減らすことにも繋がります。
これからのダイエットにはEPAを効率よく摂ることがポイントになるでしょう。

【EPAで肥満も病気も一気に解決】

「健康的にダイエットなんて無理でしょ」
と、思っていた人にもEPAの効果を利用したダイエット方法なら納得してもらえる筈。
特に海藻類と一緒に食べると更なる効果が期待出来るそうです。
血液をサラサラに保つことが出来れば、新陳代謝や基礎代謝もアップ。
全身が若返ったようになりますよ。
健康的なダイエットは「体重を減らす」と言うより、「脂肪を減らす」というイメージを持つことがポイント。
肥満も病気も一気に解決していきましょう!

 - EPA