必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

DHAで頭がよくなる?

      2016/02/19

エスキモー人とあざらしの関係

デンマーク人やオランダ人、アメリカ人など欧米諸国の人たちは、その食事をみてもわかるように、リノール酸をたっぷりと…むしろとりすぎるほどの量を摂取しています。それはひとえに植物油で揚げたり妙めたりする調理法ゆえのこと。
では、そんな調理法をもたずに、寒さを乗り切って過ごしているエスキモー人は、からだでつくることができない脂肪酸を、いったいどうやって取り入れているのでしょう。
 それは主な栄養源となっているあざらしがポイント。あざらしがEPAを豊富に含んでいるのはとても有名な話。だからエスキモー人はアラキドン酸が少なく、EPAが多いのです。でもそれだけではなく、実はジホモγ-リノレン酸も多いことがわかりました。
 ちなみに、欧米人がエスキモー人にならって、EPAの豊富な魚を中心とした食事に切り替えた実験がおこなわれました。確かにEPAは増加し、アラキドン酸は低下しました。ここまではエスキモー人とよく似た脂肪酸組成だったのですが、ただ1点、ジホモγ-リノレン酸は増えなかったどころか逆に減っていってしまいました。欧米人が極端なEPA食に切り替えても、心筋梗塞やアトピー性皮膚炎、ぜんそくが少ないエスキモー人のようにはなれず、炎症性疾患も改善されなかったというデータもあり、どうやらγ-リノレン酸がカギをにぎっているのは明白なようです。

ロレンツォのオイル

 何年か前に封切られた映画に「ロレンツォのオイル~心の詞」という映画がありました。この作品では、脂質のつくり替えがうまくいかず、長鎖化反応ばかりで不飽和化反応がおこなわれない末に、ものすごく長い鎖の脂肪酸がどんどん蓄積してしまい、ついには筋肉がまったく動かなくなる難病の子どものことが描かれていました。医者でもないふつうの両親が自分の子どもを救いたい一心で脂質代謝を研究し、最後には子どもを救うという展開は実話だとか…。興味のある方は一度、ごらんになってみては。

DHAで頭がよくなる?

 一時、DHA(ドコサヘキサエン酸)で頭がよくなるということが話題になり、受験生をもつ親にまぐろの頭が飛ぶように売れました。DHAは重要な細胞膜構成脂肪酸の一つで、赤身の魚の頭の部分に多く含まれていることは知られていますね。
 このDHA,まだまだからだが未熟な時期に不足すると、頭脳や視覚機能にさまざまな弊害が及ぶことがわかっています。胎児の場合は、妊娠の後半時期にお母さんからDHAを供給されます。万が一、十分なDHAを供給される間もなく未熟児で生まれてしまった場合でも心配ご無用。生後は母乳からちゃんとDHAをもらい受けるシステムになっています。では粉ミルクだったらどうでしょう。粉ミルクにも最近では赤ちゃんに必要なDHAがちゃんと添加されています。いずれにしてもみな乳児期の話。ふつうに食事をとっていてDHAが枯渇している状態ではない成長した私たちが、今大量にDHAをとったら頭脳が少しはよくなるかというと、そんなうまい話ではなさそうです。

イカは脂肪肝!?

 肝臓はふだんでも5%くらいの脂肪を含んでいます。この量が増えて10%を超えたものが脂肪肝です。肥満でもないのになぜ脂肪肝?…と毎日晩酌される方のぼやきが聞こえてきそうですが実際にはアルコール性脂肪肝はとても多いのです。アルコール漬けになると、脂肪酸のβ酸化(分解)が阻害されます。つまり、脂肪酸が使われなくなり、中性脂肪となって肝細胞にたまることになります。そのために「気がついたら」ということになるわけです。
 ちなみに、イカは有名な脂肪肝の持ち主。その理由は、イカには皮下脂肪がないため、肝臓に脂肪をためるしかないのです。機会があれば、あんこうの肝を食べてみてください。魚の肝臓がいかに脂肪肝であるか、じっくり味わうことができるはず。

水素の位置が、脂肪酸を別人にする

自然界の不飽和脂肪酸は、通常二重結合の両端の炭素につながっている水素が同じ側にあるのに対し、脂肪酸の加工過程で生成する人工的脂肪酸の中には、水素が反対側に位置するものができてきます。水素が同じ側のものをシス型、反対側のものをトランス型とよびます。
 自然界の脂肪酸は大部分がシス型ですが、バタークリームやクッキーに使われるショートニングやマーガリンには加工脂肪醜であるトランス型脂肪酸が含まれています。
 シス型とトランス型の脂肪酸は水素の位置以外はすべて同じであるにもかかわらず、その反応性を含めた性質から、まったく異なる別人と考えられています。特に近年、トランス型脂肪酸が脂肪酸代謝に弊害をもたらすこと、インスリン感受性を低下させることが問題視されています。

aboutfattyacid-hydrogen-position-01

 - 細胞力