必須脂肪酸 GLA & EPA

必須脂肪酸のGLA(γガンマ-リノレン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の情報集約サイト

*

核は、細胞の司令塔

   

 細胞は「核」「細胞質」「細胞膜」という3つの領域から成り立っています。
 核の中にはDNA(デオキシリボ核酸)という遺伝子が含まれています。このDNAは「生命の設計図」というべきもので、私たちのからだをつくり、生きていくために必要なあらゆるプログラムがすべて書き込まれています。
 もともと各人は1個の細胞=受精卵からつくられているため、その人のどの細胞をとってもみな同じ設計図=DNAをもっていることになります。しかし、皮膚の細胞と筋肉の細胞は同じDNAなのに.なぜ形や礎削が全く違うのでしょう。
 それは一つ一つの細胞が、プログラムのすべてを使っているのでなはく、その細胞に必要なほんの一部しか取り出して使っていないからです.つまり、どの細胞をとってみても、その人特有のDNAがあり、また基本的には全く同じDNAをもっている人は他に存在しないということ。ただし、最近話題のクローン羊は、同じDNAをもった羊が次々につくりだされるという特殊なケースなのです。
 このようなことから、警察の捜査や親子の確認などにDNA鑑定が使われるのは、細胞のDNAを調べれば誰の細胞なのか目星がつくからなのです。
 さて、核の中で設計図であるDNAをもとにつくられた情報は、まず必要な部分だけがコピー=転写されます。そのコピー情報=mRNNA(メッセンジャーRNA)は、核の中から外の細胞質に運び出されます。そして細胞の作業場である「細胞質」で、その情報に基づいていろいろな生産がはじまるのです。
 一方、一つの細胞から同じ細胞を増やす(つまり子孫を残していく)という細胞分裂の場合は、DNAの情報すべてが正確に「複写」されて、まったく同じDNAが核内で生産されます。

 - 細胞力